FC2ブログ

今日の消化盤(6/22)

キャロル・フラン&クラレンス・ハラマン『Soul Sensation!』(Black Top Records BT-1071))

★★★☆
ブルースおしどりコンビ、Carol Fran&Clarence Hollimon1992年発表のアルバム。個人的にBlack Topレーベルの音はあまり好きではないので敬遠していたのだが、聴いてみるとなんのことはない、良盤でした。キャロル・フランのソウルフルなヴォーカルも良いけれど、やっぱりクラレンス・ハラマンのギターが最高。何曲か、長いギターソロのある曲があってそのギターを堪能できます。なかにはキャロルをピアノに専念させて、ヴォーカルを取る曲もあったりして。
音的には結構幅広いのだが、そこはかとなくニュー・オーリンズの香りのする曲が多い。ていうか、Black Topレーベルってこんな音だっけ?これから敬遠していたのを改めて聴いていってみるかなあ。アール・キング盤とかも聴いてないし。
※私の所有しているのは輸入盤ですが、既に廃盤なのでamazonのリンク先はP-Vine国内盤を貼っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR