FC2ブログ

今日の消化盤(7/4)

ミッキー&シルヴィア『The Willow Sessions』(Sequel Records NEM CD 763)

★★★☆
ブルースシンガー/ギタリスト、Mickey Bakerがシルヴィア・ヴァンダーポールと結成したミッキー&シルヴィアの編集盤。いったん解散した後、1960年代に再結成して活動した時期のもので、Willowレーベル音源19曲を収録(内2曲はシルヴィア単独名義)。
音の方はブルースというよりはポップだが、ソウルっぽい雰囲気もあり楽しい。ミッキー・ベイカーのギター・インスト曲「Mickey's Blues」なんて曲もあり。ミッキー・ベイカーのファンはやはり持っておくべきかと。

サニー・ローズ『Just Blues』(Evidence Music ECD 26060-2)

★★★☆
テキサス生まれのブルースシンガー/ギタリストにしてスティールギターの名手、Sonny Rhodesの1995年発表のアルバム。ジャケ写ではターバンを巻いた怪しげな姿で(ひょっとするとインド系なのかも知れないが)、微笑んでいるサニー・ローズだが、ギターの腕前は確かで情緒あふれるギターを聴かせてくれる。いかにもテキサスという、乾いたしかし味わい深い音だ。ザ・テキサス・ツウィスターズという名前のバック・バンドも良い感じ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR