FC2ブログ

今日の消化盤(7/7)

ロスコー・ゴードン『No Dark In The America』(Dualtone 80302-01158-2)

★★★★
シカゴのブルースシンガー/ピアニスト、Rosco Gordonの2004年発表?のアルバム。なんというか、あまりブルースらしくない音だ。と言ってブルースではないかと言えばそうでもない。根っこというか芯の部分はしっかりブルースしている。非常にモダンな感じがするのだが、時代を考えると、モダンブルースというよりはポスト・モダンブルースというべきかも知れない。まあ、ジャンルのくくりはどうであれ非常に良質な音楽であることは間違いない。なんというか、リラックスした雰囲気でありながらテンションは高いという、ちょっと矛盾した書き方をしたい音だ。これはなかなかの拾いものだった。

キャロル・フラン『Fran-tastic』(Sound Of New Orleans SONO 1056)
★★★
女性ブルースシンガー、Carol Franの、夫クラレンス・ハラマンを亡くしてから発表されたソロ・アルバム。どちらかと言えば大人しめの、しっとりとした雰囲気のある音だ。これはこれで悪くはないが、やはりこの人の持ち味はソウルフルでパワフルなヴォーカルスタイルだと思うので、ちょっと歯がゆい感じはある。
※このCDはamazonでは取り扱っていないようです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR