FC2ブログ

今日の消化盤(9/1)

Various Artists『St Louis Blues Revue The Classic Bobbin Sessions』(Ace Records CDCHD 633)

★★★☆
英Ace RecordsによるBobbinレーベルのコンピ盤。29曲収録。1曲目と最後に収録されているオリヴィア・セイン&ヒズ・オーケストラは軽快なインスト・ジャンプ・ナンバー。この2曲が、まあこの盤の内容をそのまま象徴していると言えよう(残り27曲中19曲はオリヴィア・セイン&ヒズ・オーケストラがバックをつけたもの)。
2人目、フォンテラ・バスは後にソウル・シンガーとして活躍する人。ここではさすがにソウルでないが、それでもそこはかとなくソウルの香りがする。3人目、クレイトン・ラヴはオーソドックスなブルース+モダン・ブルースの香り、というところか。4人目、ウォルター・ウェストブルック&ヒズ・ファントム・ファイヴはまったりした感じのジャンプ。
で、5人目、真打ちのリトル・ミルトンであるが、さすがに初期の録音だけあって、完全に個性が確立されているとは言い難い。それでもそのヴォーカルとギターには非凡なものが感じられる。いろいろと試行錯誤していたのか、音のスタイルは曲によってかなりまちまち。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR