fc2ブログ

自由浮遊社音言画ログZ

音楽と文学と映画と美術のための落書き Since 2000/7/29

◆今日の購入簿7月30日◆

☆ブックオフオンラインで均一価格セールと10%オフクーポンを活用して購入
・谷川俊太郎『谷川俊太郎詩選集 1』(集英社文庫 た 18 6)
集英社文庫から4冊(当初全3巻だったが、その後追加で第4巻が出た模様)出てる『谷川俊太郎詩選集』の第1巻。17冊の詩集から編まれた82篇。巻末に、「収録詩集装幀選」として、単行本の表画像とデータ類をまとめたものが付録。
・谷川俊太郎『谷川俊太郎詩選集 3』(集英社文庫 た 18 8)
 上と同じシリーズの第3巻。第2巻と第4巻は在庫切れで買えなかった。前半部分にかなりのウォーターダメージあり。くそ、実物見てからなら、買わなかったところだが...。まあ、180円なんで仕方ないな。17冊の詩集(単行本未刊詩を含む)から編まれた116篇。
・谷川俊太郎『自選 谷川俊太郎詩集』(岩波文庫 緑 一九二-一)
岩波文庫版詩選集。著者自選。「まえがき」のなかに
こういう文庫版の選詩集がもう何冊も出ているから、それらと重複するような本にはしたくない。かと言って世間が代表作としてくれている作を、全く入れないのも、この本で初めて私の詩に触れる読者に不親切だろう。
とあるので、重複してるのかしてないのかどっちやねん、と言いたいところだが、まあなるべく重複を避けた、ということであろうから買ってみた。58冊の詩集から編まれた173篇。
・V.A.『The SKA Set』(Emporio EMPRBX 018)
 スカの4枚組ボックスセット。普通のプラケース4枚を紙製のスリップケースに入れたもので、いかにも廉価盤という外観。中身の方は、1970年代後半〜1980年代の再流行した時代のものらしい。4枚のCDには、それぞれサブタイトルがついている。
1枚目:SKA Beats
2枚目:SKA Riffs
3枚目:SKA Rhythms
4枚目:SKA Heroes
各枚18曲計72曲収録。
・V.A.『The Latino Festival Collection』(Pazzazz 6PAZZ002)
 横長の紙製箱(スリップケースではなく普通の箱)に6枚の普通のプラケースを3枚づつ積んで収納した6枚組箱。各枚18曲計108曲収録。1枚目〜2枚目が「Latin Classics」のVolume 1と2。3枚目〜4枚目が「Tango Sensations」のVolume 1と2、5枚目が「Cubana Day」、6枚目が「Cubana Night」と題されている。
関連記事
スポンサーサイト



◆今日の購入簿7月29日◆

☆メルカリで購入
・V.A.(伊藤信吉編)『現代名詩選(上)』(新潮文庫 (青) 二九A)
・V.A.(伊藤信吉編)『現代名詩選(中)』(新潮文庫 (青) 二九B)
・V.A.(伊藤信吉編)『現代名詩選(下)』(新潮文庫 (青) 二九C)
 新潮文庫から出ている、現代詩(明治以降昭和40年代くらい迄)の名詩選集全3巻。我が思春期の愛読書である。この3冊で俺の詩というものへの感性が出来上がった、と言っても過言ではない。3冊セットで980円(送料込み)。もっと安いのもあったが、それは状態が悪そうだったので回避。3冊とも同じ人が所有していたらしい。何篇かのタイトルの上にネイヴィーブラックのインクで○じるしがつけてある。
関連記事

◆今日の購入簿7月24日◆

☆Disc J.J.にて20%オフバーゲンにつられて購入
・ビッグ・ママ・ソーントン『Big Mama Thornton with The Muddy Waters Blues Bnad − 1966』(Arhoolie Production CD 9043)。
 1966年、マディ・ウォーターズ・バンドとの欧州公演からのライヴ盤であるが、全17曲のうち、1曲目〜10曲目は『In Europe + With Muddy Waters' Blues Band』という似たような名前のCD(しかも版元も同じArhoolieだ)とほぼダブっていて、それは知っていたのだが、残り7曲のために買ってみましたよ。まあ、20%引きで1000円割ってたしな。
・V.A.『ナッシュビル・ブルース・トレジャーズ〜和田昇秘宝館』(P-Vine Records PCD-5678/9)。
 国内盤オビあり。ナッシュビルのマイナーレーベル、Bullet、Su-Speed、Delta、Chaneに残されたどマイナーなブルースやらゴスペルやらロックンロールやらをCD2枚組に28曲ずつ、計56曲ぎゅうぎゅうに詰め込みました、というCDだ。

関連記事

◆今日の購入簿7月19日◆

☆ネットオフへ発注したものが到着
・いしいしんじ『よはひ』(集英社文庫 い 85 1)。
 いしいしんじの多分文庫化されている中では最新作。27篇からなる、短めな作品をつないだ連作短編集的なもの。
・笹尾としかず(絵と文)『Scene Of Jazz 02 絵でわかるジョン・コルトレーンの生涯 激しさと優しさのジョン・コルトレーン』(Locomotion Publishing)。
 オビあり。笹尾としかず氏の絵と文による絵本?のジョン・コルトレーン篇(Scene Of Jazz 01はマイルス・デイヴィス篇だ)。
・ヘルマン・クラル監督『ミュージック・クバーナ プレミアム・エディション』(株式会社ハピネット BIBF-7160)。
 『ブエナビスタ・ソシアル・クラブ』の続編とでもいうべき映画。ヴィム・ヴェンダースは製作総指揮にまわり、ヘルマン・クラルが監督を務めた。「プレミアム・エディション」というのは、2枚組で2枚目には東京公演の模様が収録されているところ。それにしても『ミュージック・クバーナ』という邦題はもうちょっとなんとかならんかったのか?英語表記を貫くなら、『キューバン・ミュージック』だろうし、原題のままの『ムジカ・クバーナ』で良かったのでは?そっちの方がかっこいいし(※個人の感想です)。

☆メルカリで買ったもの到着(やっぱり速い)
・ウェルズ恵子『アメリカを歌で知る』(祥伝社新書 459)。
 タイトル通りの本。倒置して書けば、「歌で知るアメリカ」。こっちのほうが判りやすいか。タイトルだけ見て、なんとなく中身もわかった気になっていたが、目次を見てみると、なかなか。一筋縄で行かない本のようだ。フォーク・ソングについて書かれた第1章はともかく、第2章はいきなり、「船乗りと七つの海の歌」というサブタイトルである。アメリカのルーツ・ソングに、船乗りや鯨捕りの話が出てくるとは思わなかった。楽しめそうな本である。
関連記事

◆今日の購入簿7月18日◆

☆ブックオフオンラインで購入したもの
・久生十蘭『パノラマニア十蘭』(河出文庫 ひ 8−3)。
 河出文庫から出た久生十蘭傑作集もこの巻を以って目出度く全巻揃った。最初に買った『久生十蘭ジュラネスク』が行方不明なのが気になるが...。しかし念の為日記を検索してみると、購入したの2015年じゃん!5年も前だよ。そらどっか行くわ。10篇収録。
・大阪圭吉『死の快走船』(創元推理文庫 M お-2-3)。
 創元推理文庫からの大阪圭吉短編集3冊目。時代小説、少女小説、時勢を感じさせる防諜小説など多岐にわたる15篇を収録。
・倉谷滋『怪獣生物学入門』(インターナショナル新書 043)。
 形態進化生物学者である著者が、その研究テーマを以って「怪獣」を考察した1冊。章立ては、
第一章:恐竜と怪獣の狭間
第二章:日本怪獣学各論
第三章:進化形態学的怪獣学概論
第四章:進化形態学的怪獣論
第五章:ウルトラ怪獣形態学
となっている。時空の歪みが発生しているが、これを書いてる時点(7月21日)で読了した同著者の『地球外生物学 SF映画に「進化」を読む』も大変面白かったので、こちらにも期待が持てる。
・V.A.『Voices Of Africa』(Galaxy Music 3895232)。
 アフリカの声楽(だけかどうかは聴いてみないと判らんが)を収録した4枚組箱。各枚14曲ずつ、計56曲収録。が、各CDのブックレットには、Volume 1〜Volume 6の6枚が載っているッ!これはアレなのか?全6巻で出てて、うちVolume 1〜Volume 4の4枚だけとりあえず箱にしてみました、ということなのか?とりあえずApple Musicを改めて見てみると「Volume 6(Live)」というのは見つかった。多分同じシリーズだと思うんだけど...。Volume 5は影も形もなし。
関連記事

◆今日の購入簿7月13日◆

☆メルカリにて購入。相変わらず届くの速い
・村上龍(データ執筆: 河野治彦)『新世界のビート 快楽のキューバ音楽ガイド』(新潮社)。
 作家、村上龍によるキューバ音楽ガイド(1993年当時)。「イントロダクション」と「あとがき」を除いた本文は全7章構成となっており、
第1章:坂本龍一との対話
第2章:キューバ音楽の巨星達
第3章:現代のトップ・バンド
第4章:キューバ音楽の名プレイヤー達
第5章:キューバのリズムとサンテリーア
第6章:キューバ音楽旅行のアドバイス
第7章:ミュージシャンとの対話
という章立てである。第2章〜第4章が全体の半分以上を占めており、具体的な人物名/バンド名をあげての解説がメインであり、第6章などもあって実物的な本となっている(ディスクorカセットガイドがあればもっと良かった!)。
関連記事

◆今日の購入簿7月10日◆

☆ブックオフ市内某店にて、オンラインで店舗受け取りに指定したものを引き取るついでに購入(ついでという量ではない)
・山崎まさよし『One Night Stands(初回限定盤)』(Polydor UPCH-9001)
 国内盤オビなし。1999年〜2000年にかけて行われたツアー、「One Night Stands」での音源から収録されたライヴ盤(4枚目は除く)。初回限定版4枚組仕様(4枚目は8cmCDで、ライヴ音源ではない宅録シングル曲)。Apple Musicにもあったが、Apple Music版は通常盤の2枚組仕様だったので、残り1.5枚のために購入してみましたよ(298円と安かったし)。
・篠田真由美『幻想建築術』(PHP文芸文庫 し 3 1)。
 前回来た時に目を付けていたが結局購入しなかったもの。今回見てみたらなかったので、しまった売れてしまったか、と思っていたら110円均一棚に移動していただけだった。ということで一も二もなく購入。
・福井晴敏『月に繭 地には果実(上)(中)(下)』(幻冬舎文庫 ふ 7 1〜3)。
 TVアニメ『∀ガンダム』の設定と冒頭ストーリーを元にして、アニメ制作と並行して書かれた小説版。成り立ちについては、上巻収録の富野由悠季監督自らの解説に詳しい。前から興味はあったのだが、上中下巻というボリュームもあって、なかなか購入には至らなかったのだが、今回上中巻のみ110円均一棚にあったので、惜しい、3巻揃っていれば買うんだがなあ...と思ってふと予感がして通常棚を見に行ったら案の定下巻だけあった。110円均一棚へ移動し忘れたのか、こうしておけば下巻は通常価格で売れるだろう、との戦略か。どう考えても前者だな。ちなみに通常価格でも270円(税込)と充分安かった。
・松岡正剛『ちょっと本気な千夜千冊 虎の巻読書術免許皆伝』(求龍堂)。
 全7巻に渡って、千冊以上の本を解説した稀有の書『千夜千冊』7巻+特別巻の著者、松岡正剛がインタビュー形式で『千夜千冊』の「読み解き方」を解説したハウツー本であり、多読術の(速読術ではない)指南書でもある。巻末に付いている「スタンプラリー」が楽しそう。

☆ブックオフオンラインに注文したもの、市内某店にて引取
V.A.『Simply Accrdéon』(Union Square Music SYMPLYCD122)。
 おなじみ『Simply ○○』シリーズのアコーディオン篇4枚組。4枚にはそれぞれ、
1枚目「Paris Accordeon」
2枚目「The Great Classics Of French Mussette」
3枚目「Le P'tit Bal Mussette」
4枚目「Great Latin Accordeon」
とサブタイトルが付いている。各枚18曲ずつ計72曲収録。
・V.A.『― Greatest Ever! ― SKA The Definitive Collection』(Union Square Music GTSTCD053)。
 3枚組のスカのベスト盤。スカというジャンルには今ひとつ疎いのだが、1曲目のマッドネスだけはかろうじて知っていた(ホンダのCM曲のせいで)ので買ってみましたよ。そのCM曲(「In The City」も収録)。計65曲収録。
・V.A.『Cuban CounterPoint: History Of The Son Montuno』(Rounder Records ROUNDER CD 1078)。
 とりあえずキューバ関係ということで買ってみたが、日本語の解説書はついているのだけれど今ひとつ不親切な解説で、正体がはっきりしない。「ソン・モントゥーノ」というキューバ音楽のサブ・ジャンル(「ソン」とは歌謡そのものを示し、「モントゥーノ」は「山の人」という意味らしい)の歴史をつづった編集盤。計22曲収録。
・ネイティヴ・フルート・アンサンブル『Gathering Of Shamen』(Talking Taco Records TT119D)。
 アメリカ先住民3人組のフルート楽団らしきNative Flute Ensembleのアルバム。Apple Musicにはない...とチェックした時は思ったが、全曲ではないものの、何曲かは『Wind Riders: The Native American Flute』と云ふコンピ盤に収録されていることが判明。
・V.A.『The Very Best Of Cajun』(Dino Entertainment DINOCD 127)。
 2枚組ケイジャンのコンピ盤。知っている名前から知らない名前まで色々。全40曲収録。今は亡きWAVEの2050円の値札が貼ってある。
関連記事

◆今日の購入簿7月3日◆

☆CD売りに行ったディスクユニオンにて(結局売った金額以上に買った...)
・イノック・ライト『6Hits Albums On CD』(Goldies GLD 25,631)
 イノック・ライトの6枚のアルバム(アルバムにより名義が微妙に異なる)を3CDに収録したボックスセット。収録アルバムは、1枚目がイノック・ライト&ヒズ・オーケストラ『Stereo 35/MM Volume 1』と、同『Stereo 35/MM Volume 2』。2枚目が、イノック・ライト&ザ・コマンド・オール・スターズ『Persuasive Precussion Volume 4』と、イノック・ライト&ヒズ・オーケストラ『Great Themes From Hit Films』。3枚目が、イノック・ライト&ヒズ・オーケストラ『At Carnegie Hall Play Irvimg Berlin』と、同『Big Band Bossa Nova』、の6枚。
某HMVに注文してなかなか入荷しないままだったCDだ。購入と同時にHMVのサイトにアクセスして速攻でキャンセル。
・V.A.『Roots N' Blues The Retrospective (1925-1950)』(Columbia/Sony Music Entertainment 47911)。
 4枚組ロングボックス入り入りボックスセット。内容のほうは、ブルースのルーツを探る、ということで、1925年〜1950年に録音/リリースされた、ブルース以前の曲や、ブルースと近しい曲を、CD4枚に107曲収録したもの。この4枚組で初めてリリースされた曲やテイクも多数。貴重写真満載のブックレットも付属。

☆タワーレコードNU茶屋町店にて店舗取り置きしておいたものを(取り置きするまでもなく店頭に2点もあったわ...)
・V.A.『The Pop Years The 50s』(Crimson Music Group CRIMPOP507)。
 1950年〜1959年までの10年間、1年=1枚計10枚組のありそうでなかったボックスセット。1枚20曲計200曲収録!890円(税込)!正直まだ中を聴いていないので、音質などは不明。これがMembranなら、それなりに安心できるのだが...。1年20曲のヒット曲の「ヒット」の定義も不明だ。まあ、890円(税込)だからな。
関連記事

◆今日の購入簿7月1日◆

☆ひさびさにヤフオク!で落札したDVDが到着
・ロビン・ハーディ監督『ウィッカーマン』(Studio-Canal/ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン UNPD-31943)
 1998年公開のカルト・ムービー、『The Wicker Man』のDVD。紙製スリップケース入り。安かったのと、現行版よりこっちのほうがジャケ絵が好きなのであえて旧規格盤を購入。先に劇場で見てしまったので、今更DVD買うのもなあ...とは思ったがこれはやはり持っておきたい盤。主演はエドワード・ウッドワードだが、完全に脇役(でもないか)のクリストファー・リーとブリット・エクランドに食われている。
関連記事