fc2ブログ

自由浮遊社音言画ログZ

音楽と文学と映画と美術のための落書き Since 2000/7/29

☆2021年3月22日に聴いたこの1枚☆

ということで、3月頭に週イチで更新する、とか書いたわけですが、さっそく第2週を抜かしてしまいましたorz。仕方ないのでそれ以降は更新するようにします。前回の第3週につづき、第4週分をお届けします。さて、本日のこの1枚は〜、
『クロノ・トリガー ザ・ブリンク・オブ・タイム』(Squaresoft/NTT Pub PSCN 5024)

です!1995年(もうそんな前かよ...)にSFCで発売されたRPGの大作『クロノ・トリガー』のサウンドトラックのアレンジ版です。ではどのようなアレンジか?それについては帯に書いてあるので、そこを引用してみます。
「Cool Jazz, Funky Dub, Techno, World, Pop, Style. Mixed By Dennis Bovell At London」
で、聴いてみた結果、確かに上に引用した通りの感じ。1曲目はジャズっぽいですが、ベタなジャズアレンジでなく、あくまで「クール・ジャズ」。それ以外の曲も、ダブっぽかったり、テクノっぽかったりしますが、いずれも「ベタ」ではない、ちょっとスカした形のアレンジとなっています。さらには、オリジナルの楽曲のメロディやサウンドも、あまり強調されていず、曲によってはアクセントくらいにしか使われていなかったりします。
なので、オリジナルのサントラが好きだ(った)と言う人も、これを聴いて手放しでは喜べないような気がします。まあ、うまくハマれば面白いんですがね...。基本的には、オリジナルサントラをうまく使ってはいるけど、別作品と考えたほうが良いのでは?と思います。そこで気になるのが、引用した内容にあった、「Mixed By Dennis Bovell」という部分。この、デニス・ボーヴェルという人物。なかなか多彩な人のようですが、このアルバムを作るにあたって、どこまで噛んでいるのか?という問題。
ちなみに、ブックレットのクレジットには、
「All Arranged By Guido Are Hiroshi Hata And Kalta Ohtsuki Except. M.6 Strings And Horns Arranged By Gizaemon De Furuta (中略) Mix Dennis Bovel」
とあります。
「Arranged」と「Mix」がどういう風に違うのか、よく判りませんが、とりあえず色んな人が原曲を弄った結果出来た音楽、という解釈がよさそうです。
関連記事
スポンサーサイト



☆2021年3月16日(火)に聴いたこの1枚?☆

と言う訳で、週イチくらいで更新したいなどと言いながら3月も後半へ突入!こりゃ大変だ!ということで更新します。確か2回目だと思うけどApple Musicからの1枚?...ではないなもはや。実体のない電子データですが。おまけに100曲入ってるし。と言っていてもしかたないので参りましょう。本日の1枚?は...、
Various Artists『Musette forever : 100 tubes pour danser musette』(Apple Music)

です!「Musette(ミュゼット)」と呼ばれるダンス用アコーディオン音楽を100曲!並べた(収録した、という感じではないわな。電子データの場合)コンピ盤?です。ヴォーカルの入ってるのもあるけど大部分はインスト。で、今日の昼過ぎから外で聴き始めて、今現在(20時49分)ようやく82曲目。終わりが見えてきた、というところです。
なにせ100曲もあるから、内容のほうはバラエティに富みに富みまくってます。昔ながらのミュゼットのスタンダードあり、世界各国の有名曲あり、ついにはハイ・ファイ・セット(ユーミンと呼ぶべきか)の「フィーリング」のカバーまで!で、この「フィーリング」のカバーを演奏してるのが、この100曲中結構な割合を占める「ERIKA」という日本人っぽい名前のアーティスト。「EIKA アコーディオン奏者」とかでググってみたけど何も引っかからず。有名なアコーディオンのモデルに「Erica」というのがあるというのは判りましたが...。
それならとミュージック.appで検索してみると、アコーディオンを抱えた、それらしい人がヒットしましたが、ジャケ写ならぬアートワークの顔をみたところでは日本人ではなさそう。まあ、「Erika(Erica)」という名前は欧米でもポピュラーですからね。
そんな訳で今日は1日中(現在も)アコーディオンの音色を聴いてきた訳ですが、全然飽きません!アコーディオンって、奥の深い楽器ですなあ...。そもそもなんでアコーディオンの楽曲が好きになったか?と言えば、ケイジャン/ザディコからの影響もありますが、もっと遡るとチャラン・ポ・ランタンの小春姉さんがスタートっぽい。小春姉さん、ソロ・アルバム出さないかなあ...。2500円くらいなら買うよ。
関連記事

☆2021年3月5日(金)に聴いたこの1枚☆

と言う訳で、このシリーズ、2月はなんと2回しか更新できずorz。いくら2月は短いとはいえ、2回は少なすぎだろ常考。それを踏まえまして、3月はせめて週イチくらいで更新したい...けどできるかな(最初から弱気)。まあ、とりあえず行きましょう!本日の1枚は〜、
Various Artists『The Rough Guide To Calypso & Soca』(World Music Network RGNET 1040 CD)
Calypso_Soca_Back.jpg

です!カリプソというのは名前くらいは聞いたことがあるけど、「ソカ」って何だ?と思って調べてみると「Soul + Calypso = Soca」らしいです。た、単純だ...。今まで聴いたことのないジャンルの音楽を聴くので、若干の緊張感もありつつ...と思いながら再生しましたが杞憂でした!いかにもラテンな、どこまでも底抜けに明るいサウンド、気分を上げたい時に聴くと、これはもう⤴️️⤴️だぜ!ということで使い慣れない絵文字を使ってしまうくらい、何の心配もいらない明るくてのめり込みやすいサウンドだったのですが、問題だったのは、どこまでが「カリプソ」でどこからが「ソカ」なのか、その切り分けがさっぱり判らず。まあ、明確な基準があるわけではないでしょうけど。
しょせんCD1枚、14組14曲聴いたくらいでその音楽の本質が完全に判るわけもない、そこは「Rough Guide」ですから。Apple Musicで「Calypso」で検索すると、アーティスト名だけで死ぬほど、ひっかかります。お、ハリ―・ベラフォンテという人がある。これは聞いたことがある(ていうくらい前提知識ない状況で聴き始めたのです。毎度のことですが)。この人くらいから攻めて見るか。と思ったけど、アルバムだけで30枚以上ヒットする!ここはApple Music得意の「はじめての Harry Belafonte」というプレイリストから始めて見るか...。ということでそれをさっそくiPhoneにダウンロードしましたよ!通勤の愉しみにしよう...。
関連記事