FC2ブログ

●サブスクの波に乗ってみた〜今更Apple Music●

最近では流行っている、というよりデファクト・スタンダードになりつつあるサブスクことSubscription service(以降SSSと略称)ですが、いろんな分野にまで広がっているようですが、当ブログでは当然ながら音楽や映像関係のSSSに食指が動くところです。


と言いながらも、CDやDVD,Blu-rayといった触れる「もの」にこだわりがあった弊社社主としては、やはり「よし!これからはSSSだぜ!」と言って乗り換える気にはなれませんでした。
そんな弊社社主でも、Apple Musicのサービスが始まった時は、確か1ヶ月無料お試し(だったかどうかは忘れた。現在は3ヶ月無料サービス)期間があったので、入ってみたものの...あまりに曲数が少ない!あれもないこれもない、まさかそんなもんまでないの?
と言う訳で、サービス開始時、どのくらいの曲数だったかは忘れましたが、そんなに多くなかったのは確か。で、これは使い物にならん、と諦めてしばらく前まで放ったらかしていうかその存在も忘れてました。
それが変わったのは、約4年半が経過したしばらく前。Appleから久々にApple Musicへのお誘いがあって、3ヶ月お試し無料期間というのに惹かれて、とりあえず入ってみたわけですわ。どんだけ変わっとんねんと。そしたら...あれもあるこれもある、まさかそんなもんまであるの?という、4年半前とはうってかわっての驚きだったわけです。
例を上げると、リル・グリーンという、戦前〜戦後に活躍したマイナーな女性ブルース・シンガーがいて、仏Classicというレーベルから3枚のCDが出てた。そのうちの、『1947-1951』だけ持っていました。で、残り2枚を探していた訳ですが、まさかと思って検索かけてみたら...あるじゃねえか。3枚とも!

と言う訳で改めて何曲くらいあるの?ということで調べてというかアップルのサイト行ってみたら、「6000万曲」と大々的に書かれていました。6000万曲というと、ものすごい数のように思えますが、自慢じゃないけど、社主のiTunes(Catalinaでは、ミュージック.app、になっているんだけどややこしいのでiTunesで行く)のライブラリには9万曲ちょっと入ってます。音楽好きで、何十年か聴いていればそれぐらいの数は貯まるもんです。とはいえ個人で6000万曲は到底無理。なんか想像するとこう、無限(に近い)音楽の海を自由自在に泳ぐような感じです。
さて、そんなApple Musicですが、特徴を挙げてみると、
①ストリーミングよりはオンデマンド系
②今まで貯めた曲とApple Musicの曲を一元管理
③おすすめプレイリストが充実
といったところでしょうか。
①はまあ、ストリーミング系ではSpotifyとかが頑張ってて、なかなかその城壁を崩すのが難しいし、まずはいっぱい曲を貯め込んでいそうなApple既存ユーザを開拓するためには、オンデマンド系で攻めるほうがよかろうと。
そこで問題になるのが②で、今までコツコツと貯めてきた曲とApple Musicにある曲をどうやって一元管理するの?例えばiPhoneで音楽聴いていて、「あ、この前買ってパソコンに読み込んだあの曲聴きたいわ」となった時、どうやるのか?Apple Music上の曲ならすぐにアクセスできるだろうけど、ローカルのパソコン上の曲にどうやってアクセスするのか?そもそもパソコンがシャットダウンしてたらどうするの?
そこでAppleが出してきたのが、iCloudライブラリ、という考え方でした。これは今流行り、というより常識になったクラウドサービスの一種で、そこにすべての曲の情報を持たせよう、というものです。考え方は判るけど、どうやってそんなことを実現するの?
そのためには、まずiTunesライブラリ上の曲と、Apple Music上の曲をひたすらマッチングする。ただする。徹底的にする。で、Apple Musicにもある曲は、Apple Musicから取って来れば良いから問題なし。問題はiTunesにしかない曲です。これをどうするか?というとなんとローカルのパソコン上から、iCloud上へアップロードしてしまう、というものです。無茶しはるな〜Appleさん。
とりあえず、これでiCloud上に双方のデータが揃ったわけで、これがiCloudライブラリというわけです。つまり、iPhone上からでも、iCloudライブラリを見に行けば、ローカルのパソコン上のものも見れる、と。
ただし、iCloudライブラリのマッチングはさすがにリアルタイムにとは行かなくて、定期的にバッチ処理で行われるので、今パソコンで読み込んだものを即iPhoneでは聴けない、まあそれくらいは仕方ないでしょう。
とまあ、ちょっと強引な手法で②をクリアしてます。で、③は6000万曲もあったんじゃ、どれから聴いたらいいのか判らん!というお悩みに対応すべく、ある程度メジャーなアーティスト○○のところを見ると、たいがい「初めての〇〇」というプレイリストが用意されてます。初めての人はこれから聴け、と。さらにメジャーなアーティスト××のところには「通のための××」というようなプレイリストもあって、知る人ぞ知る通な名曲が並んでたりするわけです。
もちろん、他にもApple謹製のプレイリストが多種多様あって、これはこれで聴くのに困る、という具合です。それに加えて、自作のプレイリストを公開することもできるので、無限(に近い)情報の海へ自己を発信することも可能です。

そんなApple Musicですが、不満がないわけではなくて、それはミュージック.app(Catalina以降は、MacOS側もミュージック.appに変わっている)の使い勝手の悪さ。とにかく、探している曲がどこにあるのか見つけにくいし、聴き方もややこしい。特に、Mac側では、ミュージック.appに変わった際に、それまで非常に使い勝手の良かったカラムブラウザという機能がばっさり切られてしまいました。多分、相当な数の反対意見が上がってきたと思われ(社主も上げました)、次のバージョンからはめでたくカラムブラウザ機能が復活!まあ、まだユーザの言うことも聞く姿勢はある、というのが判って、Apple信者としては胸をなでおろしたところです。とにかく、最近のAppleはすっかりハードウェア・メーカーになってしまって、ソフトウェア・メーカーとしてはイマイチと思っているのですが、他にもそんなふうに思われている方もいるんじゃないでしょうか?
もう一つの不満は、iCloudライブラリの曲数がMAX10万曲なこと。これでも当初25000曲だったから大幅に増えてはいるんですが、先に書いたように、本当に音楽好きな人なら10万曲くらいの音楽データは持っているはずなので、ここはなんとかしてほしいですAppleさん。無料で、とは言いません。有償で、月980円のを、1500円位にしてもいいから100万曲まで制限数引き上げる、それかむしろ無制限というギガ放題(ってどっかのケータイ会社かよ)プランも考慮に入れてほしいものです。

そんな訳で、Apple Music始めてから、音楽の聴き方が変わりました。今まではiPod Classic160GBに入るだけの曲を詰め込んで、いつでも好きな曲が聴けるように。としていたのですが、最近は朝起きて出かける前に、「今日は△△の曲が聴きたいなあ」と思ったら、自宅のWi-Fi環境下で、聴きたい曲やアルバムやらをiPhoneにダウンロードしておいて、それをオフラインで聴く、というやり方に変わりました。
Bluetoothが使えるようになったので、ワイヤレスイヤホンも買って、煩わしいワイヤともおさらばです。iPod Classic君には、入眠時の音楽を入れておいて、聴きながら眠る用に使途を変えました。
もう1つ、便利なのが、漁盤してる時に、「このCD持ってたっけ?」と思ったらiPhoneで、検索かければ持ってたかどうかすぐ判ります。ていうか、Apple MusicにあるものはCD買う必要もないので、そっちのチェックも必要ですが。これで、月980円(今の所無料だが)で、CDの購入代金が大幅に減る!と喜んでいたのですが、そうなったらなったで、半ば無理矢理にApple MusicにないCDを探して買ったり、とかしています。あとDVD、Blu-rayとかも。
後は、SSSといえば、映像系のSSSも気になるところですが、長くなったのでそれはまたどこかの機会で。

とりあえず、Apple信者の人はもちろん、別にAppleに思い入れはないけど、iPhone使ってて、iTunesで音楽管理してる人なら、Apple Music、検討して損はないと思いますよ。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR