FC2ブログ

それがどうした今日も買う(8/25)

The Brilliant Green『Stand By Me』(DefSTAR Records DFCL 1386-7)
新品。The Brilliant Greenの、シングルとしては約5年ぶりになる復活作。表題曲の他にC/Wとして「GLoomy Sunday 〜ひとりぼっちの日曜日〜」を収録。初回限定盤で、PV収録のDVD付き、見開き3面デジパック仕様。

タテタカコ『イキモノタチ』(Vap VPCC 8155)
中古。2007年発表のタテタカコの1stフルアルバム。13曲収録。見開き3面紙ジャケ仕様。

ニコライ・ゴロヴァノフ指揮『The Art Of Nikolai Golovanov Volume V Franz Liszt Complete Symphonic Poems 1』(Rlecchino ARL A03)
中古。未開封。「The Art Of Nikolai Golovanov」と題されたシリーズの第5集。残念ながら他の集は見あたらず。中身はリストの交響詩曲集。「山岳交響曲」「プロメテウス」「マゼッパ」の3曲を収録。ソヴィエト放送拡大交響楽団演奏、1952および1953年録音。

Various Artists『Russian Sound Glazunov/Borodin/Mussorgsky/Khachaturian/Prokofiev/Russian Folk Songs』(Arisso Classical ARIOSO 350)
中古。謎のレーベルAriosoから出ているロシア名曲集。収録曲は、グラズノフ「ヴォルガの舟歌」、グリンカ歌劇「ルスランとリュドミラ」より序曲、アレンスキー歌劇「ヴォルガ上の夢」より序曲(以上、エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮、ソヴィエト交響楽団演奏)、ボロディン歌劇「イーゴリ公」より「だったん人の踊りと合唱」、ムソルグスキー交響詩「はげ山の一夜」(以上、ウラジミール・フェドセーエフ指揮、モスクワ放送交響楽団演奏)、ハチャトゥリアン、バレエ音楽「ガイーヌ」より「剣の舞」、プロコフィエフ「戦争終結に寄せる頌歌」(以上、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮、ハチャトゥリアンはレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団演奏、プロコフィエフはソヴィエト文化省交響楽団演奏)、ロシアの有名歌曲として「カリンカ」、「ヴォルガの舟歌」(以上、ソヴィエト赤軍合唱団演奏)。録音年はいずれも記載無し。
関連記事
スポンサーサイト



それがどうした今日も買う(8/22)

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮『Rachmaninov Piano Concerto Nos.1&4』(Yedang YCC-0008)
中古。未開封。ヤフオクにて落札。ロジェストヴェンスキー指揮によるラフマニノフの「ピアノ協奏曲第1番」と「同第3番」のカップリング盤。ソリストはロジェストヴェンスキー夫人でもあるヴィクトリア・ポストニコワ。モスクワ・コンサーヴァトリー交響楽団演奏。1990および1991年録音。
関連記事

それがどうした今日も買う(8/18)

タテタカコ『そら』(Vap VPCC-81486)
中古。タテタカコの1stミニアルバム。映画『誰も知らない』の挿入歌「宝石」を含む7曲収録。

YMO『公的抑圧』(Alpha Music ALCA-9040)
中古。YMO回顧シリーズ第2弾。人気絶頂の中、3rdアルバムとして発表されたライヴ盤。1979年のワールド・ツアーより、ロンドン、ロスアンジェルス、ニューヨークの3カ所でのライヴ音源から編集されたもの。諸事情により渡辺香津美のギターがカットされ、代わりに坂本龍一によるシンセサイザーがオーヴァーダビングされている。

Various Artists『John Peel・A Tribute』(Warner Music WSMCD226)
中古。2004年に亡くなった伝説的DJ、ジョン・ピールの1周忌を前にリリースされた2枚組のトリビュート盤。ジョン・ピールが生前愛聴していた曲40曲を2枚組に収録したものだが、いわゆる「ジョン・ピール・セッション」音源からの収録ではなくオリジナル音源からのもの。ロニー・ドネガン、ティラノサウルス・レックス、ピンク・フロイド、ジミヘンといったあたりから始まり、次第に時代が新しくなっていくが、何故か最後はエルモア・ジェイムズの「Dust My Blues」で終わるという渋い構成。

安藤裕子『shabon songs』(Avex Entertainment CTCR-14515)
中古。シンガーソングライター、安藤裕子の2007年発表の3rdフルアルバム。

ユストゥス・フランツ指揮『Hommage A Wolfgang Amadeus Mozart』(no label name MB 1)
中古。モンブラン社による文化助成の一環としてリリースされた自主製作CD。なぜそんなマイナーなCDがブックオフに落ちていたのかは不明。内容はオール・モーツァルトで、歌劇「魔笛」より序曲、「オーボエ協奏曲」、「交響曲第39番」を収録。フィルハーモニア・デル・ナシオネン演奏、録音年記載なし。
関連記事

今日の消化盤(8/15)

エンリケ・バティス指揮/Musica Mexicana Vol.4
★★★☆
エンリケ・バティス指揮によるメキシコ作曲家集第4集。レヴエルタス、チャベスといったおなじみの作曲家に加え、ディモス、ヘレーラといった初めて聴く(たぶん)作曲家もあり。全体的にいかにもラテン調といった曲が多いが、その中でピアノをフューチャーしたヘレーラの曲が耳に残った。
関連記事

今日の消化盤(8/13)

ジェシー・トーマス/1948-1958
★★★
ジェシー・トーマスの戦後録音全曲集。Documentなんで音は悪い。雑多なレーベルへの録音寄せ集めなので、カントリーブルースからジャンプ調、リズム&ブルースまで曲調がバラバラなのは止むを得ないところ。全体的にはどんな曲調でもそつなくこなしている印象だが、ちょっと器用貧乏に聴こえてしまう面ありか。
関連記事

それがどうした今日も買う(8/11)

ジェシー・トーマス『1948-1958 Complete Recoreded Works in Chronological Order』(Document Records BDCD-6044)
中古。ルイジアナ州シェリヴポート出身のブルースシンガー/ギタリスト、Jesse Thomasの戦後録音全曲集。Freedom、Modern、Swing Timeなどの雑多なレーベルに1948〜1958年に録音した28曲を収録。

ネーメ・ヤルヴィ指揮『Dvorak: Slavonic Dances』(Chandos CHAN 8406)
ヤルヴィ指揮のドヴォルザーク、「スラヴ舞曲集」の全曲盤。スコットランド・ナショナル交響楽団演奏。1985年録音。
関連記事

今日の消化盤(8/9)

ルドルフ・バルシャイ指揮/ショスタコーヴィチ:交響曲全集(8/11)
★★★
バルシャイのタコ全8枚目は12番を収録。なかなかの力演だが、ややまとまりを欠く感じは否めない。バルシャイのタコ全中では平均以下の出来か(まだ全部聴いてないけど)。
関連記事

今日の消化盤(8/7)

エンリケ・バティス指揮/ベートーヴェン:交響曲全集(1/5)
★★★☆
バティスのベト全1枚目は1番&3番収録。早い!早いよスレッガーさん!というくらい劇早の演奏。嵐のようなベートーヴェンでした。
関連記事

今日の消化盤(8/6)

エドゥアルト・マータ指揮/チャイコフスキー:イタリア綺想曲、ムソルグスキー:はげ山の一夜他
★★★
収録曲は、表題曲の他にデュカス「魔法使いの弟子」、エネスコ「ルーマニア狂詩曲第1番」の計4曲。マータらしい、派手派手な演奏。曲自体も派手目の曲ばかりなのでマッチングはバッチグー(死語)。
関連記事

それがどうした今日も買う(8/4)

ヴァルター・クラフト演奏『Buxtehude Complete Organ Music』(VOXBOX CD6X 3613)
新品。オルガン奏者、ヴァルター・クラフトによるブクステフーデのオルガン曲全曲集6枚組。1957年、リューベックのマリーエン教会での録音。
関連記事
プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR