FC2ブログ

今日の消化盤(7/12)

パーヴォ・ヤルヴィ指揮/ドヴォルザーク:「新世界より」他
★★★☆
ネーメ・ヤルヴィの息子、パーヴォによるドヴォルザーク作品集。タイトル曲の他に序曲「謝肉祭」と「スケルツォ・カプリチオーソ」を収録。おなじみロイヤル・フィルハーモニック・コレクションの1枚。かなりの爆演である。まあ、この曲は誰がやっても爆演ぽくなるんだが、それを割り引いて考えても凄い。ブリブリいわす金管。バッコンバッコンと鳴り響く打楽器。まるでロシアのオケのようだ。併録の2曲もなかなかの名演。これで315円はコストパフォーマンス良すぎ。
関連記事

今日の消化盤(7/10)

エドゥアルト・ヴァン・ベイヌム指揮/ブルックナー:交響曲選集(1/4)
★★★☆
ベイヌム指揮のブル選1枚目は5番を収録。1959年という録音時期を考えるとあまり音質は良くない。オーディエンスノイズの入り方からしてライヴ録音らしい。
肝心の演奏だが、今まで聴いてきたブルックナーとはちょっと違う。重厚長大というよりは軽快で颯爽としている。最初はやや違和感もあったが、聴いている内に良くなってきた。こういうブルックナーもアリ。コンセルトヘボウ管も素晴らしい演奏を聴かせる。良盤。2枚目以降が楽しみ。

タテタカコ/裏界線
★★★★☆
正直期待していなかっただけに感動した!シンプルなほぼピアノ弾き語りに近いサウンドだが、それだけに歌詞と曲がダイレクトに入ってくる。ヴォーカルも素晴らしい。まさにこの曲のためにあるヴォーカル、というか、このヴォーカルであればこの曲でなければ意味がないという必然性に満ちている。1曲目「ひまわり」の冒頭から完璧に近い。2曲目「心細い時にうたう歌」は更に名曲。あとほんの一息で5点満点。
関連記事

それがどうした今日も買う(7/9)

ヤンスク・カヒーゼ他指揮『The Best Of Stravinsky』(Madacy Entertainment MSO-2-4779)
新品。カナダの怪しげな廉価盤レーベル、Madacyから出ている「The Best Of 〜」というシリーズの1枚。バレエ音楽「ミューズの神をひきいるアポロ」、バレエ音楽「春の祭典」、交響組曲「火の鳥」の3曲を収録。1曲目のみ、ミクハイル・ターリッヒ指揮、ノヴォシビリスク室内合奏団演奏。残り2曲はヤンスク・カヒーゼ指揮、タビリシ交響楽団演奏。録音年記載無し。
このシリーズ、20種類くらい出ているようで、他にもカヒーゼ指揮のがありそうだが、なにせ情報が乏しいので迂闊に手が出せない。まあ、価格的には充分安いんだけれど。

ヤンスク・カヒーゼ他指揮『Ludwig Van Beethoven Famous Symphonies』(BCI Eclipse 41424-2)
新品。こちらも怪しげなレーベル、BCI Eclipseから出ているClassical Tauchという3枚組のシリーズのベートーヴェン有名交響曲集。交響曲第9番、第3番、第6番、第8番を収録。9番と3番はヤンスク・カヒーゼ指揮、タビリシ交響楽団演奏。6番はアレクサンドル・ティトフ指揮、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団演奏。8番はヴァフタング・カヒーゼ指揮、タビリシ交響楽団演奏。録音年記載無し。
関連記事

今日の消化盤(7/7)

クルト・マズア指揮/メンデルスゾーン管弦楽曲集(1/5)
★★★
マズア指揮のメンデルスゾーン管弦楽曲集。1枚目には交響曲1番と5番を収録。マズアという指揮者、世間一般での評価は必ずしも高いとは言えないようだが、何故かメンデルスゾーンとの相性は良いようだ。ワシがこの全集買う気になったのも、Brilliant Classicsから出ていた全集に収録されていた初期弦楽交響曲集がなかなか面白かったからだ。と言う訳でこの交響曲全集1枚目もメンデルスゾーンらしい華やかな雰囲気のあるなかなかの佳演。
関連記事

それがどうした今日も買う(7/7)

ハンス・ロスバウト/オットー・クレンペラー指揮『Rosbaud/Mahler;Klemperer/Bruckner』(VoxBox CDX2 5520)
中古。ロスバウト指揮によるマーラー「交響曲第7番"夜の歌"」とクレンペラー指揮によるブルックナー「交響曲第4番"ロマンティック"」のカップリング盤2枚組。マーラーはベルリン放送交響楽団演奏、1952年録音。ブルックナーはウィーン交響楽団演奏、1951年録音。1150円。

NUU『うたうの』(Nippon Columbia COCP-50054 OUCH!)
中古。NUU(ぬう、と読むらしい)の1999年発表の1stアルバム。たしかイントキシケイトか何かで読んでちょっと興味を持った人だったよな?と思って携帯でググってみると、ZABADAK、新居昭乃といった名前と一緒に出てきたので、どうやらこちら側(どちら側や?)の人らしいと思って購入。何より100円だったし。

倉橋ヨエコ『楯』(Victor Entertainment VICB-35002)
中古。未開封。何作目になるのかよく判らない(大体この人の作はシングルなのかミニアルバムなのかフルアルバムなのか判断しづらいボリュームのものが多い)2005年発表のシングル。1曲目がなんとあの来宮良子による歌詞朗読、そして2曲目に曲が収録されているというシュールな展開のシングル。100円。

白鳥マイカ『花園』(Pony Canyon PCCA-01672)
中古。白鳥英美子の娘、と言う以外にはいっさい先入観のない白鳥マイカ(なんかのCMかなんかで聴いて気になったような気もする)の2002年発表の1stアルバム。300円。

タテタカコ『裏界線』(バップ VPCC-81500)
中古。未開封。タテタカコ、という名前の字面がなんとなく気になっていた人の2ndミニアルバム。2005年発表。500円。

Cocco『クムイウタ』(Victor Entertainment VICL-60205)
中古。いつかはちゃんと聴かねばと思いながら機会がなかったCocco。ちょうど良い機会なので買ってみた。1998年発表の2ndアルバム。500円。
関連記事

今日の消化盤(7/6)

エンリケ・バティス指揮/ロドリーゴ:協奏曲&管弦楽曲集(1/4)
★★★☆
バティス指揮のロドリーゴ協奏曲&管弦楽曲集。1枚目には、「セレナード協奏曲」、「田園協奏曲」、「英雄的協奏曲」を収録。いずれも非常に派手で華やかな、ラテン系らしい楽曲である。バティスの指揮は爆演ではなく、むしろ抑えめであり、RPOをうまくコントロールしている。
関連記事

今日の消化盤(7/4)

OLIVIA/Internal Bleeding Strawberry
★★★
2003年にタワーレコード限定で発売された7曲入りミニアルバム。表題曲を除き、過去に発表された曲の新録音。全曲英語歌詞。いずれもオリジナルに比べると無駄な部分を出来るだけ削ぎ落としたシンプルなハードロック。これが彼女が作りたかった音という事なのだろう。

スコット・ロス/キーボードソナタ全集(4/34)
★★★☆
34枚組キーボードソナタ全集の4枚目。基本的には同じような曲なので4枚目ともなると書くことがない。ということでコメントは無し。
関連記事

それがどうした今日も買う(7/3)

ユーリ・シモノフ指揮『モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク/ヴァイオリンとヴィオラの為の協奏交響曲』(First Music FRP-1901)
新品。シモノフ指揮のモーツァルト作品集。収録曲はタイトルの2曲。ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団演奏。録音年記載なし。

ユーリ・シモノフ指揮『チャイコフスキー:「ロメオとジュリエット」「イタリア綺想曲」/他』(First Music FRP-1042)
新品。シモノフ指揮によるチャイコフスキー作品集。収録曲は、幻想序曲「ロメオとジュリエット」、「イタリア綺想曲」、歌劇「エフゲニー・オネーギン」より「ワルツ」と「ポロネーズ」、祝典序曲「1812年」。「1812年」は既に持っている盤とダブリ。ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団演奏。録音年記載なし。

ユーリ・シモノフ他指揮『グリーク:ホルベルク組曲/ペール/ギュント組曲』(First Music FRP-1905)
新品。グリーク作品集。シモノフ指揮分が「ホルベルク組曲」、マーク・エルムレル指揮分が「ペール・ギュント組曲」全曲。ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団演奏。録音年記載なし。

パーヴォ・ヤルヴィ指揮『ドヴォルザーク:「新世界より」/序曲「謝肉祭」/スケルツォ・カプリチオーソ』(First Music FRP-1030)
新品。ネーメ・ヤルヴィの息子、パーヴォ・ヤルヴィの指揮によるドヴォルザーク作品集。収録曲は、交響曲第9番「新世界より」、序曲「謝肉祭」、「スケルツォ・カプリチオーソ」の3曲。ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団演奏。録音年記載なし。
関連記事

今日の消化盤(7/2)

ケルテス指揮/シューベルト:交響曲全集(2/4)
★★★
ケルテス指揮のシューベルト全集2枚目。中身は4番&5番と「フィエラブラス」序曲。非常に古典的で端正な美しいシューベルトだ。シューベルト嫌いの偏見を打ち破って楽しく聴けた。
関連記事

今日の消化盤(7/1)

ロスバウト指揮/ブルックナー:交響曲選集(2/4)
★★★☆
おなじみクアドロマニアのブルックナー選集2枚目は、ハンス・ロスバウト指揮の交響曲7番。1959年録音ということで音質が気になったが、問題なくむしろ時代を考えれば良い方。演奏の方も非常に気品があるというか、正統派ブルックナーという感じで良い。ちょっとこの人の他の録音にも手を出したくなった。
関連記事
プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR