FC2ブログ

フレディ・キング『Live In Europe』(6/28)

フレディ・キングの1973〜1974年にかけてのヨーロッパでの公演3カ所の映像を収録したDVD。
※映像作品という性質上、以下の感想にはいわゆるネタバレが含まれています。未見の方はご注意下さい。
ジャケ写がモノクロだったので、中身もモノクロなのかと思っていたらカラーだった。それも30年以上前のものとしてはかなりの高画質。特に1つ目のモントルー・ジャズ・フェスティバルは非常に鮮やかな発色で綺麗である。
その1973年のモントルー・ジャズ・フェスティバルからは3曲。自己紹介的なMCの後、いきなりギュイーンと一発かますフレディ。長いイントロというか、いきなりのギターソロというか、歌に入るまでとにかくチョーキングの嵐を浴びせるフレディ。まるで百面相のように、ワンフレーズ弾くごとに表情を変えるフレディ。観客の歓声に応えて、白い歯を見せてニカッと笑うフレディ。もう、この最初の5分くらいで、充分元は取ったような気になる。
続く2曲目では、うってかわってジミー・ペイジみたいなズボン(パンタロンと言うべきか)を履いたベースの兄ちゃんの弾くリズムに乗り、ステップを踏みながら歌い弾くフレディ。そしてメンバー紹介のMCの後、ギターを持ち替えての3曲目は、それまでの2曲がギター中心だったのに対し、歌がメイン。ようやくヴォーカリストとしてのフレディを堪能できる。
2つ目は、1974年のストックホルム、Fun Houseというライヴハウス?(というより上品なレストランって感じだが)での4曲。残念ながら1曲目はサビの直前から始まっていて、完全ではない。この1曲目「Woman Across The River」はかなり強引なアレンジ。というか、ここでの4曲はリラックスした雰囲気のモントルー・ジャズ・フェスティバルでのライヴに比べるとかなり激しくて攻撃的だ。
最後の3つ目は、1973年これまたストックホルムでのOpopoppaでのライヴ。野外でのライヴだ。3曲収録だが、これまた1曲目は途中からの収録。
ここでのフレディは、演奏に集中しているという感じであまりアクションを見せない。ひたすらギターを弾き、歌っている。しかし1曲目が終わると、観客の反応がいまいちだったのか(ここでちらっと観客席が写るが確かにあまり盛り上がっていない)、観客を煽るMCを入れたりしている。3曲目はようやくクッカクッカクッカという感じでリズムを刻みながら、観客に向かって笑いかけたりしながら乗るフレディ。弾くだけ弾くと、急に演奏を止めて、バックバンドがまだ演奏している中ステージ裏へ消えていくが、その後写る観客席の様子はやっぱり盛り上がってない。ちょっと後味が悪い感じ。
ということで、いずれも3,4曲で終わってしまうのでやや物足りない感じはあるけれど、そのかわり3カ所ともかなり印象の異なるライヴを一度に見れるのはお得な感じもある。何しろ、40歳前後、脂ののりきった時期のフレディのライヴアクトである。悪かろうはずがない。
※私の購入したのはリージョン=1の北米盤ですが、画像のリンク先はリージョン=2の国内盤です。
関連記事
スポンサーサイト



それがどうした今日も買う(6/27)

梅田にある某クラシック専門店には、片隅にひっそりとジャズコーナーがある。今まではあまり真剣に見たことがなかったのだが、今日何気なく見てみると仏Classics盤とか、T−ボーン・ウォーカーの先日出たBlack&Whiteレーベル全曲集とか、ブルースよりのものも結構置いてあるのを発見。で投げ売りコーナーを中心に見てみると面白そうなものを発見。

V.A.『Electric Guitar Story 1935/1945』(Jazz Archives No.84)
新品。「From The Pioneers To The Masters」というサブタイトルが示す通り、「エレクトリックギター」という新しい武器を手に入れたジャズ/ブルースギタリスト達が、いかにその武器をてなづけていくかの過程が判るようにという意図の元に編集されたコンピ盤(である、と思いたい)。収録アーティストならぬギタリストは1935年のエディ・ダラムから1948年のタイニィ・グライムズまで13人。もちろん「モダンブルースギターの父」ことT−ボーンも収録されている。

で調子に乗ってDVDを2枚買ってしまった。と言っても1枚¥500。いわゆるワンコインDVDという奴ですな。

メリアン・C・クーパー監督『キングコング』(コスミック出版 CCP-029)
新品。1933年製作のオリジナル版の方。¥500のくせに、結構画質も良くてチャプターも付いていて、おまけに劇場公開時にカットされたシーンを追加した完全版だという噂をネットで知って良さげだったので買ってみた。完全版かどうかは判らないが、確かにチャプター(全12)は付いている。画質も70年前の映画と考えればまずまずでは。

フランク・キャプラ監督『素晴らしき哉、人生!』(コスミック出版 CCP-016)
新品。あちこちでタイトル通り素晴らしい映画であると絶賛の声を聴くので買ってみた。こちらもまずまずの画質でチャプターは付いているが、字幕のオンオフ機能がない。

しかしこの¥500DVD、すでにかなりのタイトルが出ているんだな。『オズの魔法使い』も出ているのか!これはちょっと欲しいな。
関連記事

ライトニン・ホプキンス『Live 1971[Blues Is My Business & You're Gonna Miss Me』(6/26)

タイトルの通り、『Blues Is My Business』、『You're Gonna Miss Me』というタイトルで別個に出されていたアルバムの2in1。共に1971年のライヴ盤である(日時場所等は不明)。
このCDは、最初神戸元町のハックルベリーで見つけて買おうか迷って結局買い損ね、その後HMVで比較的安く売っていたので注文するも在庫切れでキャンセルされた、という因縁のあるCDなのでようやく手に入って嬉しい。
さて中身の方であるが、どちらのライヴも似たような感じで(ひょっとして同じ時のものか?そういえば曲も重複してないしな)、通して聴いても違和感はない。ライトニンは、かなり不安定で曲によってはうまく乗れて客ともコミュニケーションを取ったりしているのだが、どうもそういう状態が長続きしない。バックのバンドもけっこうライトニンに合わせるのがしんどそうな状況だ。
ということでライトニン初心者にはあまりおすすめできない盤。
関連記事

旧館とBlogの統一化

現在、ウェブサイトとして、このblogと、通常のサイトである旧館(本当は本館と呼びたいが、更新頻度から言って止むを得ない)の2つを持っている。2つもあっても仕方ないし、手間がかかるだけなのでできれば1つに統合したいのだが、やはりblogとしての特性と、通常のサイトとしての特性を考えた場合、統合できるコンテンツとしにくいものがある。
例えば、先日はじめた「笑ったり泣いたりブルース」のような、データベース型というか、アーカイブ型のコンテンツはblogではやりにくい。また長文のコラムのようなものも今のこのblogのレイアウトでは読みにくいだろう。
ということで、旧館のコンテンツを分類してみた。
blogに統合可能なもの
blogにはしにくいもの
つれづれなる
ふみよむひび
ものぐるをし
よしなしごと
さうざうしき
こんなやつで
電気猫はPSIONの夢を見るか?+
幻惑のブロードバンド
林檎製掌上音楽箱

一応、こういう分類になる。
で、旧館のTOPページの方を見てもらえばわかるとおり、実は「ふみよむひび」についてはすでにblogの方に移行済みである。
 旧館は@Niftyのサービス終了に伴い存在しない(2019/6/19追記)

もともと、「ふみよむひび」は量が少なかったので、手で移行する、というか、「ふみよむひび」のページとココログの投稿画面を並べて開いておき、コピペして投稿、という形でもいいかと思ったのだが、それではあまりにも芸がない。
そこで思い出したのが、ココログにはもともとバックアップ/復元のために読込み/書出し機能がついているということである。そういえばまだ一回もバックアップを取っていないこともあり、試しに取ってみた。で、出力されたファイルの中身を見てみると、記事の本文にヘッダと区切りがついたような感じである。
これと同じフォーマットに整形して、ココログに読み込ましてやれば、移行することができる訳だ。

適当にググって、mtimport - Movable Typeの読み込みフォーマットといったページも参考にしながら(ココログはType-Padを使用しているが、これは基本的にはMovable-Typeと互換性がある)、大体、下記のようなフォーマットにすればよいのかな、とあたりをつけた。



--------

1つの記事の始まりを示す区切りの指定

AUTHOR: 投稿者名

記事の投稿者名を指定する。通常はココログのユーザーIDにする。

TITLE: 記事のタイトル

記事のタイトルを指定

STATUS: Publish

記事の公開状態を指定。「Publish」にすると公開になる。

ALLOW COMMENTS: 1

コメントをつけることを許可するかどうかの指定。"1"は許可する。

CONVERT BREAKS: __default__

強制的に改行のタグを挿入するかどうかを指定。ここでは「default」になっているのでココログの指定に従う。

ALLOW PINGS: 1

トラックバックを受け付けるかどうかの指定。"1"は受け付ける。

PRIMARY CATEGORY:主カテゴリ名
CATEGORY: 副カテゴリ名

カテゴリ名の指定。カテゴリが1つだけの時は最初の1行だけでよい。

DATE: 投稿日時

投稿日時の指定。MM/DD/YYYY hh:mm:ss AM|PMのフォーマットで指定する。24時間制で指定した場合は、「AM|PM」は不要。

-----

ヘッダー情報の終わりと本文の区切りを示す。本文の後ろに追加文があったり、コメントがあったりした場合はその都度区切りとして指定。

BODY:

本文の始まりを示す。

ここに記事の本文

本文を記述する。

--------

次の記事の始まりを示す区切り。


そこで「ふみよむひび」のページを表示させて、画面からテキストを適当なファイルにコピペし(HTMLファイルそのものを使うと、HTMLタグを除去しなければならないから)、上記のフォーマットになるようにヘッダや区切りを追加した。
いよいよ完成したファイルをココログの読込み機能で読み込ませてみると…、大失敗。一応記事のエントリは出来ているがタイトルも本文も空白だし、登録日も今日の日付になってしまっている。
何故だろう?文字のコードはココログに読み込ませる時に指定するのだが、ちゃんと合わせたはずだがなあ…、と思ってよく考えてみると改行コードがMac用(CR)のままだった!これをWin用(CR+LF)に変換してから再度読み込ませてみると、見事成功!

しかし、この方法だと大きな欠点がある。それは画面上に現れるテキストデータしか移行できないため、記事の中にリンクを貼っていたり、文字サイズを変えていたり、といったHTMLタグを使用した部分が反映されないのだ。
そこで思いついたのが、上のフォーマットにある「CONVERT BREAKS: 」というパラメータで、前回は「__default__」を指定したがこれを「"0"」にすれば改行タグの強制挿入はされなくなり、HTMLフォーマットのテキストをそのまま移行できるだろう。
ということで、「つれづれなる」から適当な記事を選び、上記と同じフォーマット、ただし「CONVERT BREAKS: 0」に指定してココログに読み込ませたところ、見事に成功した!
こうやって読み込ませた記事は、ココログの編集画面で開くと普通は見えない改行タグなどが見える状態になっている。このあたりは移行時の設定がそのまま保存されているらしい。
ちなみに、通常状態でココログに記事を投稿すると、記事の頭に<p>、記事の最後に</p>が挿入されるのだが、この方法だとそれもされないので、フォーマットを合わせるためにも移行する前に自分で<p>と</p>をつけておいた方がよいだろう。また改行タグも<br>ではなく<br />にしたほうが良いと思われる。
関連記事

V.A.『Alan Glant Presents ・ We Love The Blues』(6/25)

アラン・グラントというプロデューサー/DJのラジオ番組で放送されたライヴ音源を集めたコンピ盤である。現物では「Love」がハートマークで表記されているのだが、なぜかFirefoxでヒラギノ系のフォントで表示させると、HTML特殊文字を使っていても化ける(太い縦線になる)ようなのでハートマーク表記は止めた。
全15曲で、内訳はエディー・"クリーンヘッド"・ヴィンソンが2曲、ジミー・ウィザースプーン、T−ボーン・ウォーカー、ジミー・ラッシングが4曲ずつ。残り1曲はアラン・グラントが自ら歌っている。エディー・"クリーンヘッド"・ヴィンソンの2曲だけはクレジットがないが、後は1965年ニューヨークでの録音。なにせT−ボーンのライヴ音源は数少ないだけに貴重だ。
どういう会場で演奏されたかとか、そういう情報はさっぱり判らないのだが、適当に観客の歓声なども入っており、ライヴ感あふれる感じで良い具合だ。演奏はやや荒いものの、勢いがある。T−ボーンもかなり張り切って演奏している感じで良い。他のメンバーもジャズっぽいジミー・ラッシングはじめそれぞれ持ち味を出しており、ライヴコンピ盤としてはかなりいい出来だと思う。
関連記事

W31SAをICレコーダとして使う

「W31SAを○○として使う」シリーズも3回目(っていつからシリーズになったんだ?)。
ICレコーダ機能は、別に裏技でも何でもなくてW31SAに搭載されている標準機能なのだが、このところよく使っている。最近仕事で客先と打ち合わせする機会が多いのだが、そういう時にICレコーダで打ち合わせ内容を録音しておけると安心感が違う。特に都合で打ち合わせが終わった後すぐに議事録を書けなかったりすると本当に重宝する。
と言ってもしょせんおまけ機能なので、そんなに大した機能がある訳ではない。まず録音時の設定として、音質は標準/高品質、マイク感度として、会議用/口述用、がそれぞれ選択できる。MiniSDカードがささっている場合、保存先は自動でminiSDカードになる。録音時間は最大5時間で、これはminiSDカードの空き容量とは関係なくそれ以上は録音できないようだ。
うちのW31SAにささっているminiSDカードは64MBというしょぼい容量で、しかも実質50MBくらいしか空いてないのだが、それでも標準音質だと5時間フルで録音できる。高品質にすると2時間半くらい録音できるので、128MB以上のminiSDカードなら高品質でも5時間フルで録音できると思われる。
で、録音した音なのだが、3,4人程度の打ち合わせなら標準音質で十分、10人くらいになると高品質でないとつらいかな、というところか(もちろんイヤホンで聴くのが前提)。
次に再生時の機能としては、早送り/巻き戻しは当然として、指定した時間へのジャンプ、テンポ調整(スロー・ノーマル・ファスト)、リピート(始点と終点を指定)、とひととおりの機能はある。携帯電話のおまけ機能としては十分でしょう。
ちなみに録音されたデータにはコピー制限とかはかかっていないので、miniSDカードからカードリーダ経由でPCへバックアップできる。miniSDカード上の保存場所は\PRIVATE/AU/DF/D_VA/というフォルダで、VAL_nnnn.3G2という名前で保存されている。3G2という拡張子がついているが、実態はAACファイルなので、QuickTimeがインストールされていれば、PC上でQuickTimeプレーヤーで再生できる。ただし、Windows環境の場合、QuickTime Authoringモジュールが必要かもしれない。QuickTimeをインストールする際、「最小構成」でインストールしているとQuickTime Authoringモジュールはインストールされないので、その場合はカスタムインストールで追加インストールしてやるといいだろう。
関連記事

V.A.『Funeral Songs Dead Man Blues』(6/21)

ニューオーリンズ地方で、葬送の時に奏でられる音楽を集めたコンピ盤。2枚組全45曲収録。アーティストはルイ・アームストロング、ジェリー・ロール・モートン、J.C.ヒギンボトムなどけっこうメジャーどころが多い。
作っているのは廉価盤の総本山、Membranだが、この盤は廉価盤の割には丁寧な作りで、三つ折りデジパック、ジャケットは特殊コーティング仕様、ブックレットも30頁あり、録音データはもちろん、収録アーティスト別に解説も書かれている。と思ったら、DISC1は22曲収録のはずなのに実際のCDの中を見ると21曲しかない。よく見ると、曲目一覧が16→18と1曲飛んでいる。う〜む、この辺の詰めの甘さがさすがMembranだな。ということで正しくは全44曲収録でした。
中身の方であるが、葬送の時の音楽というと、暗いというか陰鬱なものを想像しがちだが、ニューオーリンズ地方の葬式では、派手で明るい音楽を奏でて故人を送る、というのが風習らしく、このCDにもそれなりに暗い曲から明るい曲まで様々な曲調の曲がある。
葬送ということで、行進しながら演奏されるせいか、ブラスバンド形式の曲が多い。
一番多く収録されているルイ・アームストロングを除くと、気に入ったのはEureka Brass Bandというグループの曲。amazonで検索してみると1枚だけ『New Orleans Furneral & Parade』というCDが見つかったが、10曲の内、3曲はこのCDに収録済みだ。残り7曲のために買うのはちょっとなあ…。
※amazon.co.jpでは扱っていないようなので、画像のリンク先はamazon.comとなっております。
関連記事

それがどうした今日も買う(6/21)

野坂恵子『琵琶行〜伊福部 昭 作品集』(カメラータ・トウキョウ 28CM-558)
中古。ヤフオクにて落札。二十五絃箏者、野坂恵子による伊福部昭作品集。「琵琶行」「胡哦」「箜篌歌」の3曲を収録。前の2曲は新たに作曲されたもので、最後の1曲はもともとギター用に作曲されたものをそのまま演奏したもの。1998〜1999年に牧丘町文化ホールにて収録。
関連記事

音ログに参加

今まで右サイドバーに設置していたNow Playing!を音ログ用POQUEに変えました。音ログの存在はだいぶん前から知っていて、参加したいと思っていたのですが、必要なクライアントソフトの動作環境が、Macの場合はOSX10.3以上だったので参加できなかったのです。この度、iMacG5に乗り換えてOSもめでたく10.4.1になったので参加してみました。
Now Playing!はiTunesで直前に聴いていた曲の情報を画像で標示するものですが、音ログは一歩進んで、「ログ」の名の通り、iTunesで聴いた曲情報を音ログのサーバに送信・累積するものです。しかもこの情報は公開されているので誰でも見ることが出来ます。
さらにamazonからジャケット写真を取得してかっこよく見せられます。ちなみに音ログの私のページはこちら
サーバ上にデータをためる都合上、音ログに参加するにはユーザー登録が必要です。それでは音ログへの参加方法を説明しましょう。
  1. ユーザ登録のページから必要事項を記入して登録を行います。しばらくすると、指定したアドレスにパスワードが送られてきます。
  2. こちらのソフトウェア・ダウンロードのページから必要なクライアントソフトである音コンをダウンロードします。Mac版はOSX10.3以上、Windows版はWindows2000/XPが必要です。
  3. 音コンを起動し、環境設定で音ログのユーザIDとパスワードを入力します。その後、音ログへ情報を送信可能な状態にします(Mac版なら録音ボタンを押して赤い状態にする)。
  4. 後はiTunesで適当に1曲再生し、終わったら音ログの自分のページ(http://otolog.jp/自分のユーザID/)へアクセスして再生した曲の情報がちゃんと出てきたら成功です。


ということで音ログへの参加が出来た訳ですが、やはりNow Playing !のようにBlogに情報を表示したいものです。そういう時のためにEKN Dsignさんのサイトで、音ログ用のPOQUEが公開されています(うちのBlogの右サイドバーに設置されているのがそう)。
設置方法は、この音ログ用POQUE ソースメーカーのページで必要事項を記入して生成されたJavaScriptを例によってマイリストのメモ欄に貼り付けるだけ。
これはFlashだけあって多機能で、現在プレイ中の曲を表示するだけでなく過去の履歴も表示できます(<または>ボタンで移動可)。「IMAGE」ボタンを押すとジャケ写がトランスルーセントになって曲名などの情報が表示されます。さらに斜め→を押すと、amazon.co.jpの該当のページに飛びます。
一番下の段にあるボタンは左が音ログのユーザページにジャンプするもの、右が最新の情報に更新するリロードボタンです。

ということで音楽好きにとってはなかなか魅力的なサービス。今日はまだ何も聴いていないので、なんか聴いて音ログに送信すっかな。
関連記事

フレディ・ルーレット『Spirit Of Steel』(6/20)

シカゴのラップスティールギター使いブルースマン、Freddie Rouletteの1998年作品。自作曲は1曲だけで、後はパーシー・メイフィールド、アルバート・コリンズ、アルバート・キングなどのカバーが中心。ホームズ・ブラザーズが参加している。
以前聴いた『Back In Chicago』に比べるとややこぢんまりした印象がある。カバー曲が多いということで今ひとつ自分の色を出せなかったのか。しかし良い曲は良い。ちょっと曲によって出来不出来が大きいかな。
関連記事
プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR