FC2ブログ

今日の購入物(4/6)

サラ・ヴォーン『Duke Ellington Song Book, V.2』(Pablo Records PACD-2312-116-2)
新品。なんでSarah Vaughanのデューク・エリントン曲集のそれもVol.2を突然買ったかと言うと、ピー・ウィー・クレイトンが参加しているから。さらにロイド・グレンやエディー・"クリーンヘッド"・ヴィンソンも参加していてかなりブルース人脈率が高い。もっとも帰宅して開封してみると、ピー・ウィー&ロイド・グレンが参加しているのは1曲だけのようでちょっとがっかり。エディー・"クリーンヘッド"・ヴィンソンは全曲参加のようだが…。1979年録音。

V.A.『MGM Soul Cinema Volume 1』(MGM Music 398 578 202-2)
V.A.『MGM Soul Cinema Volume 2』(MGM Music 398 578 203-2)
新品。50%オフワゴンより発掘。1970年代に、黒人を主役として大量に製作されたいわゆる「ブラックスプロイテーション映画」。その「ブラックスプロイテーション映画」のうち、MGMで作られた作品から主題歌や挿入歌を集めたコンピ盤のVolume1と2。当然曲はソウル/ファンクが大半で、ジェイムズ・ブラウンで始まり、クインシー・ジョーンズ、アイザック・ヘイズ、ボビー・ウォーマックなど濃いメンツが並ぶ。2枚合わせて全26曲。「コフィ」「フォクシー・ブラウン」「110番交差点」といった作品から「ブラキュラ」のようなキワモノまで収録されているが有名な「シャフト」のテーマが入ってないのが惜しい。まあ、別途単独のサントラが出てるからそっちを買えと言うことか。
関連記事

V.A.『Newport Folk Festival Best Of The Blues 1959 - 68(1/3)』(4/5)

1959〜1968年に行われたNewport Folk Festivalの音源より、ブルース関係のアーティストの51曲をCD3枚組に編集したもの。とりあえず聴いた分から1枚ずつレビューします。1枚目は、ミシシッピ・ジョン・ハート(6曲)、スキップ・ジェイムズ(2曲)、サン・ハウス(4曲)、ブッカ・ホワイト(1曲)、ミシシッピ・フレッド・マクドウェル(2曲)、マディ・ウォーターズ(2曲)を収録。
この内、聴いたことないのが1人目のMississippi John Hurt。フォークブルースなどと言われることも多い人だが、確かにスリーフィンガーピッキングで奏でられる美しいギターやジェントルなヴォーカルはフォークっぽいところがある。しかし耳触りの良いだけの曲ではもちろん無くしっかりとした骨太な感じがあり聴き応えがある。これは単発盤のCDも買って聴こう。
それ以外ではやはりSon Houseの演奏が群を抜いている。6分を超す大曲「Son Blues」は聴きもの。
関連記事

今日の購入物(4/5)

Aska Strings Project『Asphodel』(BMGビクター BVCR-1421)
中古。ヤフオクにて落札。ヴァイオリニスト金子飛鳥率いる弦楽器奏者のみ総勢32人によるユニット、Aska Strings Projectの1995年発表のデビューアルバム。
関連記事

ジョン・リトルジョン『ブラディ・ティアーズ』(4/4)

John Littlejohnの1984〜1985年にRoosterレーベルに録音されたアルバム。原題は『So-Called Friends』で、アーティスト名もJohnではなくJohnny Littlejohnとなっている。エルモア・ジェイムズばりのスライドギターばりばりの曲、もっとモダーンな曲、逆にずっとダウンホームな曲など良く言えばバラエティに富んでいる、悪く言えばとっちらかっているという印象で、アルバムとしてのまとまりはあまりないが、曲自身はなかなか良い。
※このCDは残念ながら廃盤です。
関連記事
プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR